Posts Tagged ‘転職’

薬剤師が仕事を変える時

11月 16th, 2015

お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。薬剤師が仕事を変える時のステップとしては、はじめにどのような労働条件を求めているかをはっきりさせておきましょう。日中だけの勤務がよい、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。調剤師は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で辛さに耐え続けることはありません。結婚のタイミングで転職してしまう薬剤師もかなりの数います。パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。 Read more »

訪問看護師への転職

9月 1st, 2014

訪問看護師の求人はたくさんあり、転職し易いのですが、待遇面をよく把握してから決めないと、こんなはずではなかったと転職後に後悔することになりかねませんので、注意が必要です。
訪問看護師の役割は、在宅療養をしている患者宅へ訪問して、看護をしたり、訪問看護ステーションで看護を行ったりすることです。
看護の内容としては、血圧や脈拍の計測や高齢者の看護を主に行います。そのため、医療以外でも 排泄や入浴の手伝い、リハビリの指導などケアを目的とした作業もあります。
訪問看護は病院だけではなく民間企業でも行っており、転職する場合は、病院だけでなく民間企業にもできますが、給料体系は病院や民間企業により全く異なります。
給与体系は大きく分けて3系統あります。
■通常の看護婦と同じような年棒制
■基本給を安く設定しておいて、1回の介護ごとに手当てを支給する歩合制
■1回の介護ごとに金額を決める完全な歩合制
自分が勤務する、または、勤務したい病院や企業では、どういった給与体系を採用しているのかをこの点を良く理解しておく必要があります。
高齢化社会の到来により、今後たくさんの人がこの訪問看護を必要とする時期がきますので、給与も高額になる可能性が高くなることも期待されます。それに、看護師にはよくある夜勤がこの訪問看護ではないと言う利点もあります。
「看護のお仕事」は、【転職支援金】付きの看護師転職支援サービスです。

「病気治る」と治療器体験会 違法な広告、購入注意 

11月 12th, 2013

中日新聞
2013/10/26 朝刊 より

「電気を使った治療器の体験会に行ったら、肝炎にも効くと説明していたが、違法ではないか」との声が本紙生活部に届いた。肝炎を含む一部の病気については「医師の治療がなくても治る」という広告は禁止されている。消費者庁は今月、「糖尿病が治る」などと説明して治療器を販売していた別の業者を処分した。国民生活センターにも、似たような相談事例が多く届き、注意を呼び掛けている。

◆徐々に不審な説明

愛知県の男性(60)は六月、知人に誘われて電位治療器の無料体験会に参加した。会場はショッピングセンターの一角。機械につないだ椅子に座り、電圧をかけると肩凝りや不眠などに効くとのことだった。知人からは「細胞が若返るので白髪が黒く戻る」と聞いた。

会場には、治療器メーカーから販売の権利を買ったという男性担当者一人が常駐していた。毎日使うのがいいと言われ、男性は定休の月曜日以外ほぼ毎日、約四カ月通った。毎回、二十~三十人が集まり、出席を示すスタンプカードにはんこを押してもらった。体験は無料で、治療器を購入したい人は、直接メーカーに問い合わせることになっていた。

ただ、通い続けるうちに担当者の説明に不審な点が多くなった。当初、肩凝りや不眠に効くとの話だったのが、「肝炎や糖尿病の人が、ここに通ううちに治った」などと話すようになった。また、薬には保存料が入っているから飲んではいけないとも説明。「肝炎患者は、医者も感染したくないから病院に行くとひどい扱いを受ける」などと不安をあおる言葉も聞かれた。

さらに、知人を体験会に連れてくるよう求められた。紹介一人につきシールを一枚もらえ、一定数集めると、効果が三倍の椅子に座ることができるとのことだった。疑問に思ってメーカーに電話で問い合わせると、その後、男性は体験会への出入りを禁じられた。「自分は効果を感じなかった。だまして買わそうとしているのでは」と話す。

◆全国の消費生活センターに相談相次ぐ

消費者庁は十七日、合理的根拠のない効能を口頭や冊子で説明したとして、家庭用電位治療器を販売している「ヘルス」を処分した。同社は全国の無料体験会場で参加者に高血圧や糖尿病が「絶対に治る」と説明しており、今後このような説明をしないよう措置命令が出された。

全国の消費生活センターには、電気治療器具に関する相談が毎年数千件寄せられている。二〇一二年度は二千七百八十六件で、うち効果・効能に関する相談は七百九十七件。内容は「血管の汚れが取れると言われ二台を百万円で買ったが効果がない」「大病院でも使われていると説明され六十万円で購入した」など。

国民生活センターでは「絶対に治る、医師が推薦しているなどの説明を信用せず、購入の前に主治医に相談して」と呼び掛ける。

消費者問題に詳しい平井宏和弁護士(名古屋市)によると、営業所とは呼べないような会場で売っている場合は、クーリングオフできるケースもあるという。

また「効果について虚偽の説明をしていれば契約の取り消しもできる」と説明する。

(田辺利奈)

 看護師 好条件 転職 

 

お世話になった人へのあいさつ

9月 29th, 2013

残務処理がひと区切りしたら、あいさつ状をつくろう。疎遠になっている人にも送っておくと、のちに貴重な人脈になる可能性がある! Read more »

資格をとったからといって仕事が決まるわけではない

8月 29th, 2013

 不況を反映してか、語学やパソコンなどのキャリアアップスクールの人気が出てきている。転職を成功させるために通っている人も多いだろう。 Read more »

看護師の転職理由って?

6月 22nd, 2013

看護師不足はなかなか解消されませんね。看護師の負担を軽減するために出来た制度が逆に負担増につながっていたり・・・。2012年の看護師離職率は10.9%と出ているほど高いものになっています。 Read more »

男性看護師2025年問題で在宅医療と訪問看護へ取り組む

5月 10th, 2013

男性看護師が2025年問題への対応として、在宅医療と訪問看護でへ取り組む。

既に、新聞やテレビなどで頻繁に報道されています、2025年問題。

これは、2030年の迄に日本の高齢者が人口の3分の1を占め、その内独居の老人が4割になると言われている社会的問題です。

独居の老人への看護支援として、在宅で活躍出来る看護師を増やし、

また、訪問看護ステーションを多く開設しておく必要があります。

 

このことが、高齢化が進む地域社会に貢献出来る、本当に望まれている医療ではないでしょうか?

高齢化社会に求められる、医療とは、”患者にとってより良い時間”を提供すること

であり、その人患者さんにとってより良い時間とするにはどうすればよいか、

何が出来るかを考えろことが大切です。

寝たきりの状態から少しでも開放してあげる、その人が何に興味を持ち、何に

価値を感じるのか、ただ単に、病気を治すことだけでは有りません。

看護とは「病気にフォーカスするのではなく、病気を持って生きている人を看る」事だと考えます。

このように考えると、投薬もリハビリテーションも心のケアも全てが看護の領域となります。

高齢化社会へ突き進んでいる日本では「2025年問題」とは

65歳以上の人口が3600万人を超え、戦後の団塊世代が75歳以上になり、

医療費など社会保障費が急増すると心配されている避けて通れない問題です。

高齢化社会での医療ニーズは在宅療養も増え、在宅医療の現場は一層看護士や

介護しなどの人手不足になる事は間違いないでしょう。

今現在でも、医療機関に従事する人材不足が叫ばれています。

今の医療機関にとって切実な問題である看護師不足、その為に各医療機関では

看護師の離職を防ぎ、長期に確保することが重要となっています。

 

一方では、医療機関単独での人材確保も難しく、必要な人材を教育、育成し、

地域で必要な人材を、地域へ送り出す「教育医療機関・病院」のような取り組みが

重要になっていくでしょう。

また、看護師資格を有しながら、家庭にいる潜在看護師の再就職支援の充実

による復職プログラムの充実も求められています。

潜在看護師の退職理由として、多くあげられるのは、家庭・育児と仕事の両立です。

そのためにも、育児休暇の保証や、育児・家庭との両立のできる環境作りも大切でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師の繁忙期

1月 4th, 2013

昨年から猛威を振るっているノロウィルスやインフルエンザの影響が全国にでていますね。
体力の弱い高齢者や幼児は、特に注意が必要です。
中には命を落としてしまう方もでていますから、本当に怖いウィルスです。

冬場は気温が下がることで免疫力が低下したり、空気が乾燥することで感染症が広がりやすくなります。
ですから看護師さんも他の時期に増して忙しい繁忙期になってしまうわけですね。
Read more »

転職・求人サイトについて

11月 30th, 2012

先日、コンビニで週間ポストを立ち読み(ゴメンナサイ)していたら
『専門求人サイトでわかる「素晴らしい看護師」がいる病院』と題して専門求人サイト記事が掲載されていました。
Read more »